デスク周りをオシャレにアップデート!【MIWAX】のデスクマットは物撮りにも使える凄いやつ

「作業スペースをオシャレにしたい」

「ブログや物撮りの背景をカッコよく見せたい」

「コスパがいいデスクマットを探している」

ミワックス『THE Desk Mat』はそんな条件を満たしてくれます。

想像以上に手触りもよく、使っていて気持ちのいいアイテムだったので紹介していきます。

Contents

【MIWAX】THE Desk Mat

ミワックスは歴史あるメーカー

出典:miwax

ミワックスは1946年創業の老舗。原材料の加工から仕上げまでを国内製造している、こだわりを持った会社。

他社メーカーのOEM製品を数多く手掛け、多くの実績とノウハウを持ったカッティングマット専門ブランド。

にっちょめ

デスクマット専門の会社なので品質も安心できますよね。

ゴリぞう

メイドインジャパンが嬉しいよな。

商品パッケージから魅力的。筒状なデザインが開封前からワクワクさせてくれます。

今回購入したのはシーガルブラック。

ブラックとグレーの中間な色合いで、デスクを引き締めてくれます。

カラーも12種類と豊富に取り揃えています。

コスパもいいので、他のカラーと合わせて使うのも良さそう。

サイズ、質感

サイズは620mm×300mm。

大きすぎないサイズで、キーボードとマウスを置くのにちょうどいい。

1100mm×510mmのデスクと合わせると、こんな感じのサイズ。

厚さも0.9mmと薄く、PVCレザーの質感はしっとりとした手触り。触れていて気持ちいい。

合皮を使用しているので丈夫。ちょっとの水濡れなんかも平気。

右下にさりげなくロゴ。主張しすぎないデザインで好感がもてます。

裏側はサラッとした素材。

その為なのか、滑り止め防止シートも同梱されています。

自己粘着素材で、表面が汚れても洗えば繰り返し利用可能。

私の場合そのままの使用しても特にずれることはなかったので、滑り止めシートは無くても大丈夫でした。

机の相性や、使い方によっては必要になるのかもしれません。

余らせておくのはもったいないので、物撮り用として使ってみました。

転がりやすいモノを滑り止めシートで貼り付けることで、固定して撮影することができます。

ロゴやパッケージを見せたい時に重宝しそう。意外いい。

オーダーメイドで自分仕様に

出典:miwax

ミワックスはオーダーメイドにも対応。様々な大きさや形から選ぶことができます。

注文はmiwax公式サイトのオーダーメイドシステムから。

にっちょめ

細かいニーズにまで応えてくれるのが嬉しいですよね。

ゴリぞう

使う人によって用途は様々だからな。

物撮りの背景に

出典:miwax

ミワックスのデスクマットを購入した理由の一つが、物撮りに使えること。

公式ページでも推奨しています。

ブログやYouTubeでガジェット紹介する方は、一つ持っておくと撮影のバリエーションも増えてかなり重宝します。

シンプルで高級感がある質感で、ガジェット類との相性も抜群。

商品の良さも際立ちます。何より、撮影していて楽しい。

カラーバリエーションも豊富なので、自分だけの味を出すことも。

ちょっと気になる所

すぐに折り目がつく。

良くも悪くも、0.9㎜と薄めの生地で折り目やクセがすぐについてしまいます。

にっちょめ

これはしばらくすれば元に戻るので、そこまで気にする必要はないかも知れません。

ゴリぞう

頻繁に持ち運んだりする場合は、ちょっと手間かもな。

滑りが悪い

ミワックスのデスクマットは素材がPVC。

よくあるマウスパッドとは違い、少し滑りが悪い印象。

  • トラックボール
  • トラックパッド

を使っている人ならば問題ないです。

Logicool ERGO M575
ゴリぞう

通常のマウスの場合、マウスパッドを別途用意したほうがいいかもな。

まとめ

  • 撮影してSNSやブログにアップする。
  • トラックボールやマウスパッドを使っている。
  • オシャレな作業スペースを構築したい。

miwaxのデスクマットはそんな方にはおすすめできるアイテムです。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでも誰かの参考になったら嬉しいです。

それでは。

Contents
閉じる