【Macアプリ】作業効率爆あがり!cheat sheetでいつでもショートカットキーを一覧表示

「Macのショートカットキーが便利なのはわかるけど、なかなか覚えられない」

「いつでもショートカットキーを確認できる方法はないの?」

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • cheat sheetのインストール
  • cheat sheetの設定方法
  • cheat sheetの具体的な使い方

パソコンを使いこなすために、避けて通れないのがショートカットキー。

マウスやトラックパッドでしている作業も、ショートカットキーを使えば「キーボード」から手を離すことなく行えます。

にっちょめ

ショートカットキーは便利ですけど、忘れてしまったりアプリ毎にキーが違うからなかなか使いこなせないんですね。

そんな悩みも「cheat sheet」なら叶えてくれます。

ショートカットキーをめちゃくちゃ簡単に確認できるので、ネットでいちいち検索する手間もかかりません。

さらにMac純正アプリだけでなく、WEBサイトからダウンロードしてきたようなアプリのショートカットキーまで一覧表示してくれます。

ゴリぞう

作業効率をアップさせるのに、ショートカットキーはマスターしておきたいよな。

cheat sheetを導入すれば、よりスマートで快適なMacライフを満喫できるはず。

Macを購入したばかりの人や、新しくアプリをダウンロードした時に重宝するツール。

それでは早速参りましょう。

Contents

cheat sheetはこんなアプリ

cheat sheetはチートという名に相応しい、カンニングペーパーのようなアプリ。

使い方もめちゃくちゃ簡単。

ショートカットキーを確認したいアプリが、最前面にある状態で「⌘command」キーを長押しするだけ。

Safariのショートカットキーを表示したところ。

⌘command」キーを押している間だけ、現在使用しているアプリのショートカットキーの一覧が表示されます。

キーから指を離すと自動的にウインドウが閉じるので、作業の邪魔にもなりません。

にっちょめ

キー押して起動するだけのシンプルな操作なので、煩わしさはまったくありませんね。

いつでも呼び出せるカンニングペーパー

「cheat sheet」は毎日使うようなアプリではありませんが、入れておいて損はしません。

新しいアプリを導入したときにはもちろん、ちょっとド忘れした時なんかにもさっと確認して作業に戻る。いつもはいらないけど、ないと困るそんなツール。

ゴリぞう

長時間作業していると、ぼーっとしたりショートカットキーをどうしても思い出せないときがよくあるぞ。

にっちょめ

まだまだショートカットキーを習得できてないので、卒業まで時間がかかりそうです。

ちなみに、起動したショートカットキーはそのまま実行することも可能。実行したいモノをクリックするだけ。

ショートカットキーの確認ついでに実行するのもあり。

cheat sheet導入の方法

cheat sheetはAppleStoreにはないので、ウェブサイトからダウンロードします。

cheat sheetをダウンロード

ウェブサイトにアクセスすると、「Download」とあるのでクリック。

許可を求められるので「開く」をクリック。

ダウンロードされました。

cheat sheetの設定

cheat sheetを使用する為に、2つのプライバシー設定をする必要があります。

順番に解説していきます。

先程ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてCheatSheetを開きます。

初回起動時はファイルを開いてよいか確認されるので、「開く」をクリック。

アプリをアプリケーションフォルダに移動するか、聞かれるので移動。

「Move to Applications Folder」をクリック。

ここから設定に移ります。

「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」に進んでください。

ちなみに、初回起動時は「システム環境設定を開く」ように案内されるのでそのままクリックすればスムーズです。

入力監視

セキュリティとプライバシーページに移動したら、cheatsheetアプリの入力監視を許可します。

「鍵のアイコン」をクリックしてロックを解除し、入力監視にある「CheatSheet」にチェックを入れます。

ロックを解除するのに、Macの起動パスワードが求められるので入力しましょう。(Touch ID、Apple Watch等、それぞれ解除方法が異なります。)

入力監視にチェック後、アプリの再起動が求められるので「終了して再度開く」をクリック。

アクセシビリティ

次に、セキュリティとプライバシーにある「アクセシビリティ」でコンピュータの制御を許可します。

ロックは解除したまま続けてください。

アクセシビリティの「CheatSheet」にチェックを入れてください。

最後に再び「鍵アイコン」をクリックしてロックをすれば設定完了。

起動速度の設定

commandキーの長押しで起動できる、「CheatSheet」ですがデフォルトだとすこし時間がかかってしまいます。

好みに合わせた起動速度に設定しましょう。

まず、commandキー長押しで「CheatSheet」を起動してください。

長押ししている間に、右下にある「歯車」アイコンをクリック。

「Delay」で起動の速度を変更できます。

個人的には、一番早くしておくのをおすすめします。

まとめ:全Macユーザーに必須のアプリ

以上、「CheatSheet」を紹介してきました。

  • ショートカットキーがなかなか覚えらない。
  • もっと作業効率をアップさせたい。
  • Macをもっとつかいこなしたい。

そんな方にピッタリなツールです。

ショートカットキーを使えば、作業スピードが確実に向上するのでMacを使う全ユーザーにおすすめできます。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでも誰かの参考になったら嬉しいです。

それでは。

Contents
閉じる